【結局何食べたいの?】「暑いので、冷やし中華じゃないですけど、何か冷たいのがいいですね」という口癖

「〜ではないですけど」という口癖の人って、気になります。

 

「休日は、家族サービスではないですけど、みんなでドライブとか行きます」

家族サービスしてるじゃん。

 

「うちの会社、ミスすると始末書じゃないですけど、一筆書かされます」

始末書じゃん。

 

「ジョギング始めてから、若返ったじゃないですけど、調子いいんです」

若返った気分なんでしょ?

 

【ではない】(連語)否定の判断を表す。

否定の「ではない」に逆接の「けど」がついて二重否定みたいになってるんですね。

 

気持ちはわかります。

強い表現をしたいけれど、断言する勇気がないからぼかしてしまう。

 

でもビジネスでは、否定だか肯定だかはっきりしない言い方はアウトです。

「大事なことをぼかす癖のある人」という印象を与えます。

「いつか『聞いてないよ』系のトラブルを引き起こす人」と警戒されます。

 

「〜ではないですけど」という前置きをやめてみましょう。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.6.1 Vol.1008>