【I googled it】YouTubeで何でも学べる時代なのに、肝心な「あの言葉」がまだ普及していない件


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


サンマーク出版でミリオンセラーを連発しているスーパー編集者・黒川精一さんによる興味深い考察です。

 

「ハウツー本に未来はあるのか!?」

 

大抵のハウツーはYouTubeで学べる時代。

書籍に求められるのは「ハウツー以外の何か」になるわけですね。

 

一昔前、「ググれカス」という言葉がありました。

検索すればわかるようなことを質問してくる人に浴びせられたネット用語です。

 

いま、わからないことをYouTubeで調べることは動詞で何と表現するんでしょう?

 

・・・と思っていたら、

英語にはその言葉があった!!

 

「YouTubeで検索する=YouTubing!!!」

「YouTubeで検索したよ」は「I YouTubed it.」だそうです。

 

日本語には・・・これに対応する言葉はまだないような。(あったら教えて下さい!)

「Google→ググる」みたいには省略しにくいからでしょうか?

YouTubeで調べ物をするという使い方がまだ定着していないんでしょうか???

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.6.5 Vol.1012>

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから