【古文文法じゃないよ】「女子のめんどくささ」の正体が「疑問形の二重の用法」だったりする件

コミュニケーションの研修で必ず話すのが

「疑問形には『質問』と『反語』の2つがある」

という話です。

反語というのは、疑問形を使って否定する話し方です。

「そんなことあるだろうか?(いや、あるわけない)」

学校では古文の現代語訳で習いますね。

 

でもこれ、古文どころか現代人の人間関係をギクシャクさせる「地雷言葉」なんです。

「いまの発表ですが、◯◯の場合はどうなるんですか?」「上司の発表を批判するとは生意気な!」

「頼んでた資料、いつできるの?」「(やばい、急かされてる!)すみません、いますぐやります・・・」

「なんで1位を目指さなきゃだめなんですか?」「2位でもいいとか言ってるよ、こいつ」

「質問」しているだけなのに、相手は「否定」されたと勘違いしてしまうんですね。

 

うちの子のお友だちの間でも、まったく同じやり取りがありました。

3年生になると集団下校ではなくなるんですが、この辺は物騒なのでママたちが「なるべくみんなと一緒に帰らせよう」と決めていました。

すると、そのことを知らなかったAちゃんが

Aちゃん「なんでこのグループで帰らなきゃいけないの?」

Bちゃん「私たちと帰るのが嫌なの? だったら別にいっしょに来なくてもいいよ!」

Aちゃん「そんな言い方しなくても・・・」

Bちゃん「ふん!」

めんどくせー(笑)

 

 

でも、こういう「女子のめんどくささ」の一部は

「疑問形の紛らわしさ」が原因だったりするわけです。

・疑問形には質問と反語がある。

・相手の疑問形を勝手に反語と決めつけてはいけない。

・質問と受け取ってバカ正直に答えを返すべし。

 

研修やビジネスセミナーで話すと「初めて聞いた」とよく言われます。

小学校の国語で教えてくれたらいいのに。。。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.4.18 Vol.0964>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから