【特典動画】教えるスキルを上げたいなら、先生も自分で小論文の解答例を書いてみよう

小論文を教えるスキルを上げたければ

自分で「模範解答」を作ってみるのが一番です。

数学も自分で解かなきゃ教えられません。あれと同じです。

 

先生だからといって、最初から「模範的」な解答にならなくてもいいんですよ。

【ガッカリ答案】を書いてしまう経験を自分で通過しないと、生徒がなぜ失敗するのかわかりませんから。

(私は【ガッカリ答案】を先に書いてから、それを自分で直す感じで【スッキリ答案】を作ります)

 

で、書いた答案はどうするか?

自分で書いたままだと、それがいいのか悪いのかわかりません。

他人の評価を受けることが必要です。

学校だったら先生同士でシェアして「これ、どう思う?」という議論ができたら最高ですね。

 

私は一時期、進研ゼミか何かの小論文の通信添削を受けていたことがあります。甥っ子の名前で(笑)

 

いまは編集者や校閲者からいろいろ注文が来ますね。

朝日小学生新聞でベビーシッターの話を書いたときは、最初の原稿が編集部内をざわつかせてしまって、大幅に直しました。
(センシティブな話題ではよくあることです)

 

参考までに、私がどうやって解答例を作っているかがわかる動画をご紹介します。

公務員試験対策の映像授業の一部を抜粋したものです。

〈メルマガ【論文アカデミー】2021.4.24 Vol.004〉




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから