アメリカを「民主主義国家」と思う世代とそう思わない世代を分けている「文脈」

 

「ねえ、パパ。

マジンガーZに乗ってるのがカブトコウジで、

グレートマジンガーに乗ってるのは何テツヤだっけ?」

 

「剣鉄也(ツルギテツヤ)だよ」

 

って、幼稚園でそんな話したらパパの歳がバレるからやめてくれ!

 

リアルタイム世代からすると、マジンガーZは「懐かしのアニメ」ですが、

2018年の「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」を観た3歳児には

むしろガンダムよりも新しいロボットのようです。

 

 

世代が違うと、受け取り方が違うんですね。

「古いもの」という知識がないので。

感性の話ではなく、知るまでの文脈が違うんです。

 

 

うちの親子ほど離れていなくても、

たった数年の差で違いが出ることもあります。

 

 

90年代まで、授業中に「民主主義の国といえば、どこ?」と聞くと

多くの高校生は「アメリカ」と答えていました。

 

ところが、2003年くらいから

「アメリカ」と答える生徒がほとんどいなくなったんです。

代わりに「日本」と答える生徒が多くなりました。

 

2001年の9.11テロのあとアフガン空爆やイラク戦争に突っ走るアメリカは

当時の高校生の目には「民主主義」には見えなかったようです。

 

ちなみにそのころ、日本の総理大臣は

「自民党をぶっこわす!」と叫んだ小泉純一郎さんでした。

 

これが2009年にまた変わります。

「民主主義の国といえば?」「アメリカ」

と答える高校生が再び増えたんです。

 

オバマ大統領の登場です。

白人じゃなくても大統領になれる、開かれた国に見えたようです。

 

 

たまたまいつも使っているテキスト(過去問)の流れでこの質問をしていたので

学年によってアメリカが「民主主義の国」か否かが分かれることに気づいたのですが、

質問していなければ絶対気づかなかったと思います。

 

 

もしかしたら、いま

あなたの隣に座っている人は

まったく違う文脈で

世界を見ているかもしれません。