【体言止めはNG】仕事のメモは過去形と現在形を区別して書こう

「今月の目標」という項目に

「成約率を向上」と書いたら、「向上させたい」という希望であることはわかります。

 

でも「先月の振り返り」という項目で

「成約率を向上」と書くと、

「向上させた」とも「向上させようと頑張った」とも読めてしまいます。

 

体言止めって、述語が省略されているので

過去形なのか現在形なのか、

事実なのか目標なのか希望的観測なのかが区別つきません。

 

研修で「◯◯をPREPで書きなさい」というワークをときどきやります。

Point(要点)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(要点もう一度)

たとえば

Point「フェンシングをおすすめしたい」
Reason「体力、観察力、駆け引きの訓練」
Example「大学の推薦入試にも有利」
Point「ゆえにフェンシングがおすすめ」

「推薦に有利かもしれない」と「私も推薦で有利だった」とでは話が違ってきます.

Reason1「体力、観察力、駆け引きの訓練ができる」
Example1「私自身、フェンシングを始めてから◯◯な効果があった」
Reason2「大学の推薦入試にも有利になる」
Example2「一流大学の◯◯選手も△△選手もスポーツ推薦だった」

これならスッキリします。

 

Reasonは一般論としての理由なので現在形で、

Exampleは実際にあった事例なので過去形で。

 

体言止めではなく述語までちゃんと書いて、

事実か否かを区別しましょう。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.11.5 Vol.1165>

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから