【身近な問題解決】「公園のゴミのポイ捨てが気になる」という前提を疑ってみた

ワーク中、「公園のゴミのポイ捨てが気になる」という話になりました。

ポイ捨てしないように呼びかける?

ポイ捨てした人には罰金を課す?

 

私は・・・「気になるなら自分で拾えば?」と思ったんですが(笑)

 

そういう道徳的な視点ではなく、ロジカルっぽく考えましょうか。

そもそも前提となっている「公園のゴミはすべて故意のポイ捨て」を疑ってみましょう。

 

わざとではなく、うっかり落としていったのかもしれない。

カラスがどこかから運んできたのかもしれない。

風で飛んできたのかもしれない。

 

考えるべきなのは

「捨てる人をどうコントロールするか」ではなく

「落ちていたゴミをどうするか」かもしれませんね。

 

ここで、最初に思った「自分で拾えばいいのに」に戻ります。

なぜ気になるのに自分で拾わないのか?

 

汚くて触りたくないから?

拾ったゴミは自宅に持ち帰らなきゃいけないの?

 

ならば

ゴミ箱とゴミ拾いトングとチリトリをセットで置いといたらどうでしょう?

 

全員がきれい好きにならなくても、

たまに誰かが掃除してくれるかもしれません。

(トングでゴミを拾うのって、やってみるとハマるんですよ・笑)

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.11.4 Vol.1164>