【いきなり◯◯】不要な前置きをを書く「癖」をやめてみると、エッジの立った文章になる件

文章を書くときの「癖」って、ありますね。

私が添削をしていてよく目にするのは、「前置きを書いてしまう癖」です。

 

本題はエッジの立った内容なのに、そのまえに

「◯◯というと、みなさんは何を思い浮かべますか?」とか

「私が△△に興味を持ったきっかけは大学時代・・・」みたいに

わざわざエッジを丸くしようとしてしまう。

 

でもエッジの立たない前置きでは、そのあとを読んでもらえません。

 

前置きを省いて、いきなり本題から書き始めてみましょう。

案外読めるものですよ。

オードブルもなく、いきなりステーキが出てくる店も流行ったじゃないですか。

 

前置きが悪いという話ではありません。

必要性がないのに、「癖」で前置きを書いちゃいけないという話です。

 

ギターにも「手癖フレーズ」というのがあります。

メロディー考えなくても、慣れた指の動きだけでそれっぽく弾けちゃうんですよ。

何の感動も面白みもない、マンネリな演奏になりますが。

 

鬼滅の刃でも刀鍛冶の小鉄くんが炭治郎に説教する場面がありました。

「癖で動いてるんですよ 炭治郎さんアナタ 相手の動きを見てから判断して動いてるんじゃないんだ だから駄目なんですよ わかります? 要は基礎がなってない 本当に今までよく生きてこられましたね鬼殺隊で」

 

まずは自分の「癖」を捨ててみましょう。

手っ取り早いのは自分の癖の「逆」をやることです。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.9.6 Vol.1105>