【クリエイターあるある】突然、全面書き直しを迫られる・・・それは◯◯のサインかもしれない件

朝日小学生新聞の連載で、初めて入稿後に書き直しをしました。

担当編集者いわく「文中に出てくる作品名が、大人の事情でNG」と。

この部分を他の例に差し替えてほしいという要望でした。

 

でも、実は私も書き直しをしたいと思っていたんです。

小学生にはちょっと説明が複雑過ぎたかなあ?とモヤモヤしていたので。

 

結果、書き直して大正解でした。

 

いつもの構成でOK例とNG例を並べたら複雑になっちゃっていたんです。

両方OK例にしたら、スッキリしました。なーんだ(笑)

 

今回は「使用許可とかなんとか」が理由でしたが、

いろんな理由で書き直しを迫られることって、あります。

パソコンが壊れたとか、先に似たような内容を発表されちゃったとか、事件や事故で社会の様子が急変したとか。

 

でもそれは、「ずっといいものが生まれるぞ」というサインです。

 

自分で書き直そうとしないから、何か外的な理由をぶつけてくるんです。

誰が? クリエイティブの神様? 知らんけど。

 

基本的に何でも1回目より2回目はずっと上手にできるものです。

でも忙しいと、締め切り間際に一発で完成させて納品しがち。

そんなときにクリエイティブの神様が強権発動してくれるんだと思います。

 

「ハードディスクが壊れた!!もう詰んだ!!(号泣)」

いいですねえ☆ めっちゃすごいものが生まれますよ!!

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.10.1 Vol.1130>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから