【百聞は…】「5分間のプレゼンは原稿1500字ですか?」いや、“ちょこちょこ”でいいっす

受験生から質問をいただきました。

「5分間のプレゼンテーションがあります。自己推薦書の内容についてです。

ネットで調べたら5分間は原稿1500字とありました。原稿の構成について教えて下さい」

 

5分間が1500字なのかどうかは数えたことがないのでわかりませんが、

私だったら原稿書かないな。

 

自己推薦書(志望理由と活動報告)はすでに提出しているわけです。

同じような内容を読み上げるのは芸がありません。

 

敢えてプレゼンテーションをさせるということは

「文章では嘘つけるから、証拠を見せろ」という意図です。

 

ビジュアル中心でいきましょう。

写真などの素材を集めて、5分間のスライドショーを作ってしまいます。

部活の写真、いま関心がある新聞記事の写真、将来やりたいことのビジュアルなど。

 

そのスライドショーを映しながら説明を“ちょこちょこ”加えていけば、5分間のプレゼンができあがり。

いや、むしろ“しゃべらない”という手も・・・

 

言葉はビジュアルに、

ビジュアルは言葉に変換するからこそ価値が生まれます。

 

<メルマガ【ミニマル思考】2021.9.29 Vol.1128>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから