【いつもお世話に・・・】メールには宛名と挨拶を書くのにLINEに書かないのはなぜ?

こんな議論が起きているそうで。

堀江貴文「メールに”お世話になっております”と書く人は最悪だ」(Yahoo!ニュース)

 

実は私もここ1年くらい、メールを雑に返しているんですよ。

「イラスト確認しました。OKです」

これだけ。

怒られたらやめようと思っていますが、いまのところ誰からも苦情は来ていません。

 

「◯◯様
いつもお世話になっております」という前置きを

なぜLINEには書かないのにメールには書くのか?

 

LINEの場合、数日ぶりのメッセージでも画面上では「以前からのトークの続き」扱いです。

会話の途中で挨拶を始めるのは変ですね。

 

これに対してメールは相手の受信リストに件名が並びます。

それを選んで「対話がスタート」するわけです。だから毎回挨拶が必要になる。

これは「◯◯様 いつもお世話に・・・」と書いてもOKなんですよ。

 

ただし、Gmailのようなスレッド形式のメールはLINEのトークに似ています。

1つの件名でやり取りがズラーッと続きます。

これで毎回「◯◯様 いつもお世話に・・・」と書くのは面倒くさい。

私が「OKです」だけで返信するのはGmailを使っているからです。

 

難しいのは、スレッド形式のシステムの人とそうじゃない人がやり取りするケースですね。

こちらがスレッドのつもりで「OKです」と即答しても、

ご丁寧に件名を変更して「鈴木鋭智様 いつもお世話に・・・」と戻ってきます(笑)

 

メールの作法が違う相手には

「そっちのメールシステムなんだな」と理解した上で、しれっととこちらの作法で返信すれば済む話です。

最悪とか無能とか非難するほどのことでも。。。(笑)

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.5.6 Vol.0982>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから