あえてシェアハウスではなくアパート経営という夢のプランを語ってみる

 

自分でアパートを建てる機会があったらやってみようと

昔から考えていることがありまして。

 

「ほどほどプライバシー住宅」というものです。

 

 

高齢者の孤独死とか密室での児童虐待やDVとか

一人暮らしの若者のうつ&ひきこもりとか、

「隣の孤独世帯」ってよくある話です。

 

お隣の人と行き来があれば、

気が紛れて明るくいられるとか

小さな異変に誰かが気づくとか

あると思うんです。

 

 

でも、アパートやマンションの構造って

プライバシー最優先で作られているんですよね。

 

建物の片側に各戸の玄関が並び、

反対側に窓あるいはベランダ。

外の景色は見えても同じ建物の住人の姿がまったく見えないんです。

完全分離構造。

 

この「まったく見えない」を「ほどほど見える」ようにすると、どうなるか?

 

たとえば

コの字型の建物の中庭に面して

リビングの大きな窓も玄関も並べてしまえば、

住民は全員中庭を通ることになります。

 

会って挨拶する機会も増えるでしょう。

そして、コの字型なのでお互いの生活が結構見えます。

(↑ここがチャレンジングなところです)

 

見られたくないときはカーテン閉めればいいわけで。

 

これを「ほどほど目が届いて安心」と捉えるか

「恥ずかしい」と捉えるかは人によるでしょう。

 

 

「人による」ということは、社会のどこかにはニーズがあるということ。

 

 

たとえば

一人暮らしの高齢者とか

小さい子を抱えたシングルマザーなど

心細くて、たまに人の手を借りられると助かるような人たちには

いいかもしれません。

 

 

シェアハウスのような他人との近さには抵抗がある、

でもアパートの「完全分離構造」には孤独を感じる。

 

そんな人たちにちょうどいいのが

「ほどほどプライバシー住宅」

というアイデアなんですが、どうでしょう?

 

 

将来の目標の一つに

「アパート経営」が加わりました。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから