【小論文≒トライアスロン?】読解力と要約力を集中的に鍛えたければ、あの問題集がおすすめ

大学入試の小論文は

トライアスロンに似ています。

 

水泳→自転車→マラソン

資料を読む→問題解決→文章を書く

 

体力があれば全部できるだろう、という話でもないんですよね。

水泳には水泳のノウハウ、マラソンにはマラソンのノウハウがあります。

自転車にいたっては自分でパンク修理しなきゃいけないそうです。

それぞれ別の知識、能力が求められるわけです。

 

小論文も同じです。

文章を書く練習をすれば読解力や問題解決力がつく…わけではありませんよね。

それぞれ別のトレーニングが必要です。

 

小論文のための「読解力、要約力」のトレーニングに最適なのが

公務員試験の「文章理解」です。

センター試験の過去問は難易度も高いし、4000〜5000字と分量も多すぎるんですよね。

公務員試験の文章理解はどの問題も1ページくらい(1000字以内)です。

 

過去問集で収録数が多いのはこちらです↓

2021-2022年合格目標 公務員試験 本気で合格! 過去問解きまくり! 3 文章理解【最新2020年度試験問題収録】 (公務員試験過去問解きまくりシリーズ)

 

あくまでも読解力と要約力の千本ノック用です。

「これを読んで、あなたの意見を」という次の段階の練習には、実際の大学入試問題を使いましょう。

〈メルマガ【論文アカデミー】2021.9.8 Vol.026〉

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから