【お気持ちはわかりますが】子どもの小論文に父親が口出しすると出題意図から外れがちである件

先日、子どもの作文に親が口をはさむなという話を書きました。

子どもの表現を潰しちゃうからなんですが、

教える側としても面倒くさいんですね(笑)

 

「君、俺の授業出てるよね? なんでこんな書き方になっちゃうの?」

「お父さんがこう書けって・・・」

 

こうなると、目の前の生徒を説得するだけでなく、

その子を通して親まで説得しなければなりません。ふぅ。。。

 

医学部など難関大学を受ける「できる子」ほど、母親より父親の介入が多い傾向があります。

 

でもその口出しの理由が

「現場ではきれいごと言ってられないんだよ」とか

「大学病院の組織内でそんなこと言えるわけがない」とか。

いやいや、受験生が病院の裏事情なんか知らないことくらい、大学教授もよくわかってます。

その上で「課題文から問題点を見つけて解決策を出す」という思考力を見ているだけなのに。。。

 

「地球温暖化というのは実際はこうだから」というのもありますね。

たしかに諸説ありますが。。。

でも「CO2で地球の気温が上がっている」という前提でグラフが並んでいたら、まずは資料をちゃんと見ましょうよって話です。「本当はCO2は問題ではない!」とグラフを無視してはいけません。

 

大人は知識がある分、問題の外側から判断しがちです。

でも入試問題には入試問題のルールがあるんですよ。

なので親からいろいろ言われると、18歳の優等生でもやっぱり混乱します。ブレて方向を見失います。

 

親の意見を押し付けたくなるのをググッとこらえて、

代わりに質問をしてみましょう。

「資料をどう解釈してこの答案になったの?」

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.8.16 Vol.1084>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから