【数えてみました2】「あなたの体験を踏まえて」という小論文は全国で何問出されているのか?

自分の体験を書くのが小学校の作文、

社会の問題を客観的に論じるのが高校生の小論文

と先日書きました。
https://suzukieichi.com/archives/3070

「体験談を書くのは『あなたの体験を踏まえて』と条件がついている場合だけ」ともよく言っています。

 

では、「あなたの体験を踏まえて」という条件がつく問題は実際どれくらい出題されているのか?

 

数えてみました。

今回も旺文社の「全国大学小論文入試出題内容5か年ダイジェスト」で。

また440ページめくりましたよ!
(最初からデータになっていたら楽なのに…)

 

その結果、

国公立大学1024問のうち、設問に「あなたの体験を踏まえて」という条件があるものは22問!

たった2%でした。

 

しかもそのうち「◯◯について、あなたの体験を踏まえた上で、意見を述べなさい」という短文型の出題は・・・

ゼロ!

すべて課題文が与えられた上で「あなたの体験」が求められています。

読解力がないと出題意図からズレた体験談を書くことになりかねません。実質、学力試験です。

 

体験談型は2%。

98%の出題は個人的な体験談ではなく、客観的な分析を求めています。

「小論文では自分の体験を書こう」という教え方は、やっぱりミスリードといえますね。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.8.15 Vol.1083>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから