【ポートフォリオ】目の前の仕事が将来への投資になる人、ノルマの日々から抜け出せない人の違い

朝日中高生新聞の連載でお世話になっているイラストレーター「みわまさよ」さんから

紙面をポートフォリオに載せたいというご相談がありました。

こういうページです↓
https://www.foriio.com/330mwm

 

どうぞどうぞ!どんどん使ってください!

てか、私の方こそ勝手にスクショをインスタにアップしていてごめんなさい(笑)

 

「ポートフォリオ」とは

投資の用語では「株式、債権、外貨預金、不動産など、所有している金融資産の構成」という意味。

クリエイターの用語では「自分の作品をまとめたもの」。

 

イラストレーターやカメラマンは

昔なら過去の自信作を1冊のファイルにとじて持ち歩いていたものです。

チャンスの声がかかったらサッと出して見せられるように。

 

いまなら自分のサイトやブログにポートフォリオを載せられますし、

クリエイター向けのこんなサイトもあります。

30秒で作れるポートフォリオ「foriio」
https://www.foriio.com/

写真ACやイラストACのような素材サイトがポートフォリオ代わりという人もいるでしょうし、

著者はAmazonの著者ページが実質ポートフォリオのようになっていたりします。

 

でもクリエイターでなくても、

これまでの仕事の実績がわかるような形にしておくのはいいことだと思います。

 

「◯◯株式会社の△△部にいました」ではなく、

そこで自分が何に携わったのか、自分がどんな実績を上げたのか、自分が何を成し遂げたのか。

 

「与えられた業務をこなす」と考えるか、

「自分のポートフォリオを増やす」と考えるかで

仕事への取り組み方は180度変わってきます。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.9.10 Vol.1109>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。