【Clojure?何それ食べれるの?】「稼げるプログラミング言語とその年収」が日米で全然違っていた件

ときどき話題になる、「プログラマは本当に稼げるのか?」問題。

こんな記事がありました↓

ねとらぼ「最も稼げる開発スキルランキングNo.1が決定! 「F#」を抑えて1位になったのは?」

これによると

第1位:Clojure(9万5000ドル=1044万円)

第2位:F#(8万1037ドル=890万円)

Stack Overflowという、プログラマのコミュニティが発表したものだそうです。

「ドル」だし、米国のプログラマの話のようで。

 

以前も書きましたが、日本で「稼げるプログラミング言語」といったら、こちらです↓

ねとらぼ「「年収が高いプログラミング言語」ランキングNo.1が決定! 2位の「Scala」を抑えた20代の1位は?【2020年版】」

これによると

第1位:R(476万円)

第2位:Scala(440万円)

 

・・・なんですかこれ?

日本では「稼げる」といっても

米国のプログラマの半分で、サラリーマンの平均と同じくらい。。。

 

GAFAみたいな巨大企業に雇われているから給料が高いのか?

新しいものを生み出しているから稼げているのか?

 

先日、有名なコンサルタントお二人と話していたら

「プログラミング教育なんて無駄」という話になって当惑したんですが、

これは「日本で働くなら」という条件付きの話だったのかもしれません。

 

もっともシリコンバレーからサンフランシスコにかけては家賃も物価も爆上がりしていて

年収1千万円でも生活が苦しいという話もあります。

ならば

給料の高いアメリカの企業に所属して

物価の安い日本からリモートで仕事する

というのはどうでしょ?

こんな古典的ジョークもありましたね。いまでも通用するんでしょうか?
https://kw-note.com/proverb/heaven-and-hell-joke/

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.9.12 Vol.1111>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから