【異種格闘技】理系社員のマニアックなプレゼンを、文学部出身の講師はどう料理するのか?


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


研修で某大手メーカー様にお邪魔したところ、

人事部の方が開口一番、

「見ましたよ! 朝日小学生新聞!」

マスメディアの影響力ってすごいなあ。

 

そのインタビュー記事、LINEニュースにも掲載されました。

「伝わるプレゼン 発明しよう」(朝日小学生新聞)
https://news.line.me/issue/oa-asahikids/b6t98cv7bq0o

 

 

この日は4回シリーズのプレゼンテーション研修最終日。

私からは講義はせず、受講者のプレゼンを聞いてアドバイスをするだけです。

 

発表内容は電源設備の周波数の位相の話から車軸用グリースの経年劣化の話までさまざま(笑)

そんなバラバラでマニアックな発表が16人分、計7時間続きます。

 

でも私自身がメカに詳しくなる必要はないんですよ。

素人の私が聞いて理解できるかどうかがポイントです。

 

発表を聞いていると、

私でも「ふむふむ」と理解できる部分と、

途中から「???」と腑に落ちない部分があります。

 

この「???」の部分を問いただすと、伝え方を間違えている点が見つかるんですね。

 

説明の順番が前後していたり、

スライドが2通りに解釈できる表現になっていたり、

時間を気にして「肝心な一言」を省いてしまったり、

細かい話に入り込みすぎて全体のつながりが見えなくなっていたり。

 

プレゼンが伝わらない原因というのは共通ですね。理系も文系も関係ない。

 

12分のプレゼンを聞いて13分間でアドバイスするというのは瞬発力が必要で、

ほとんど格闘技。

頭が疲れてクラクラしましたが、エキサイティングな一日研修でした。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.4.13 Vol.0959>

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから