グローバル時代の「自己紹介」と「つかみ方」


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


 

たまに「受講者のほとんどが外国人」という研修をご依頼いただきます。

 

全員中国人、全員韓国人、アジアから中東までごちゃまぜなど

いろいろ経験してきました。

 

すべて日本語で通します。

日本の企業で働いていれば、日本語の会話はだいたい大丈夫ですからね。

 

問題は最初の「つかみ」です。

 

挨拶と自己紹介だけ相手の言語で話して、本題に入ったら日本語(または英語)に切り替える

というすごい先輩講師もいるのですが、

 

冒頭部分でかなりの流暢さが必要とされるんですよね。

私がやったら海外の観光地で「コンニチワ、シャチョーサン」とか声かけてくる客引きみたいで、むしろ失礼になりそう(笑)

 

 

そこで私はどうしているかというと、

 

名前を書きます。ホワイトボードに。

 

 

相手が韓国人ならハングルで。

 

「スズキエイチです。

日本語で書くと鈴木鋭智。

ハングルで書くと・・・

スはこうでしょ? ズはこう? キはこれでいい?」

 

この辺ですでに「おーーっ」という感じになります。

 

「ここからが日本人には難しいんですよ。

エってハングルだと2通りあるでしょ? 区別つかないもん。こっちで大丈夫?

イは一番簡単。だからイ大好き(笑)

チも難しい。こう? あ、もう1本?」

 

스즈키 에이치

 

ハングルの「スズキエイチ」が完成!

ワーッと拍手をいただけます(笑)

「ジョウズ!!」なんて褒めてもらえます。

 

「アンニョンハセヨ」くらいの片言を話すのは簡単ですが、

文字を書くとなるとハードルが高いので

一気に親近感が沸くようです。

 

これで自己紹介と「つかみ」は終了。

あれこれ話す必要はないですね。

 

 

アラビア語で書くこともあります。

سوزوكي

ハングルよりもウケます。

 

 

中国語バージョンもあります。

 

「スズキエイチです。

日本語で書くと鈴木鋭智。

中国語で書くと・・・あっ、同じじゃん!(笑)

 

リンムー・ジュイチー。

読み方これでいい?」

 

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから