【風が吹くとなぜ儲かる?】「読解力」を問うはずの国語のテストが「視力検査」になってしまう理由

 

「読解力って、どうすれば伸びるんでしょう?」というご相談、よくいただきます。

たくさん読めばいい?

現代文の問題を解けばいい?

 

読解力には3つの段階があるんですよ。

1 書いてあることを見落とさない。

2 書いてあることを別の表現に言い換えられる。

3 書いていないことを補完できる。

 

「書いてあることを見落とさない」というのは当たり前ですが、

書いてあることが目に入っても、「それが何なのかイメージできた」のと「文字として目に入っただけ」というのでは全然違います。

漢字の並んだ用語、文学的な比喩表現、耳新しいカタカナ語・・・わかったようでわかっていない言葉って多いですからね。

「具体的には誰が何することか」という例を正しく言えたら、ちゃんと理解できたことになります。

 

もう一つ重要なのが「書いていないことを補完する」。

筆者は当たり前すぎることは省略して話を進めます。

 

「グローバルな時代になると政治の求心力が低下する」

なぜ?

ここには「グローバル→関税とか国際規格とか→一国だけで物事を決められない→決められない政治になる」という因果関係が省略されています。

これを頭の中で補完できた人と、よくわからんけど書いてある結論だけ鵜呑みにする人に分かれるわけです。

 

でも、「言い換える」と「補完」は国語のテストで聞きにくいんですよね。

回答者の表現がバラバラになるので機械的な採点ができないからです。

1の「書いてあることを見落とさない」の場合は「ほら、◯ページの△行目に書いてあるじゃないか」と言えるんですけどね。(ほぼ視力検査ですが・笑)

 

以上が、現代文の入試問題をやるだけでは「読解力」が思ったほど伸びない理由です。

読解力を伸ばそうと思ったら「言い換え」と「補完」の練習が必要ですね。

 

《おすすめ過去記事》

「あるもの」を拾うか、「ないこと」に気づくか

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.10.13 Vol.1142>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから