「Macの極太フォント」へのこだわりに、思っていたほど必然性がなかった件

 

誰しも仕事の内容やスタイルには

良くも悪くも「こだわり」があるものです。

 

私の場合、

パワーポイントのフォントにこだわりがありました。

「ヒラギノ角ゴシックW8」という極太のゴシック体。

バラエティー番組のテロップくらいの太さで、インパクトがあります。

 

 

ただし、ヒラギノが標準で入っているのはMacだけなんです。

Windowsにも入っている「創英角ゴシック」というシリーズは

ヒラギノに比べると若干細く、字の迫力に欠けるんですよ。

 

そこで、会場備え付けのパソコンを使う場合は

Macで作ったパワーポイントのファイルを

PDFに変換します。

アクロバットなどのPDFビューワーで開くと

ヒラギノ角ゴシックW8の極太文字がそのまま映る、という仕組みです。

 

・・・めんどくさいですね。

でもこれが「こだわり」だったんです!

スライドの「鈴木鋭智らしさ」なので、外せないんです!

 

このスタイルで5年間、ヒラギノ角ゴシックだけを使ってきました。

ところが最近、

先方の都合でどうしてもパワーポイントのファイルが必要、ということになりまして。。。

 

しかたなく

 

全スライドを「メイリオ」に変換したんです。

 

しかたなく。泣く泣く。

 

そしたら・・・

 

ん?

 

これも、

 

「あり」じゃないか?(笑)

 

もちろんスライドの雰囲気はまったく変わるのですが、

これはこれでスッキリして読みやすいし、

線が細くなった分、上品な雰囲気になりました。

 

「ヒラギノじゃなきゃ死ぬ」という程ではなかったんですね!

 

たぶん、他の選択肢を試さずに

いままで使ってきたフォントに固執していただけなんです。

 

5年間のこだわり、なんだったんだろう?(笑)

 

これに気づいたら、

憑きものが落ちたように気がふっと楽になりました。

 

「自分のコンテンツは◯◯!」

「自分のスタイルは△△!」

 

もしかしたら、その「こだわり」を捨てた先に

新しい可能性が見えてくるのかもしれません。