ご安全に!


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


 

「ご安全に!」という挨拶、好きなんです。

 

 

今年の1月、東京がメッチャ寒くて道路がカチンコチンに凍った日のこと。

 

都内の某メーカー様で研修が終わり、

真っ暗でツルッツルの夜道を帰ろうとしたとき、

 

研修担当の方が

 

「ご安全に!」

 

えっ、それって

本当に使われている挨拶だったの?!

 

朝ドラ「ひよっこ」でトランジスタ工場の人たちが言っていましたが、

製造業や建設業では実際に使われているんですね。

 

 

あのときの「ご安全に!」は沁みました。。。。

 

 

この真っ暗で道路凍結しまくりで超寒い東京の夜、

自分の「安全」を願ってくれる人がいるんだ!・・・みたいな。

 

 

あ、大げさですか?(笑)

 

 

「お気をつけて」はよく使われます。

でもリアルな事故って、自分が気をつけているだけでは防げないものです。

不意打ちを食らうこともあれば、

いくつもの原因が重なって避けられないこともあるでしょう。

 

 

だから製造業や建設業など、

危険と隣り合わせの現場では

 

自分が注意できる範囲に限られる「気をつけて」ではなく

結果丸ごとを指す「ご安全に」が使われるのかなあ、

なんて考えたりしました。

 

 

「ご安全に!」

いい挨拶ですよね。

 

 

とはいっても、

私からいきなり「ご安全に!」なんて言い出す勇気もないので、

 

製造業、建設業のみなさん、

 

もし私を見かけたら「ご安全に!」と声をかけて下さい。

 

私も「ご安全に!」と返しますから。

 

 

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから