【親には勝てない】メンタル病んでしまう若手の教員には特有の「引け目」があるんじゃないか仮説

うちの子たちの小学校はとても雰囲気が明るい学校なんですが、

それでもメンタル病んで休職している先生は何人かいます。

多くの学校で常態化しているようですね。

 

生徒との関係、職員室でのあれこれ、苦労はたくさんあると思います。

それに加えて、

若い先生特有の「肩身の狭さ」というのもあるんじゃないでしょうか?

 

新卒で独身で子どもがいない身だと、保護者と話すとき引け目を感じるんですよ。

家庭での過ごし方や声のかけ方なんて話になっても、

「子どものいないあんたに何がわかるの?」と言われそうな気がするんです(言われないけど)。

保護者にマウント取られそうな気がするんです(取られないけど)。

 

私も小学生対象の塾を手伝ったとき、そんな感じでした。

勉強に関してはプロという自負があるんですが、子育ては未経験の素人でしたから。

 

民間企業の新入社員なら、仕事のことを猛勉強すればお客さんより上に立つことができます。

でも教員の若手は、人生経験で保護者を追い抜くことができません。

 

ここでしれっと「私、プロですから(キリッ)」という顔で語れる人なら楽なんでしょうけどね。

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2022.2.13 Vol.1265>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。