【大谷選手で再注目】マンダラチャートを活用するコツは◯◯と△△の区別にある件

大谷翔平選手の活躍で再び注目されているツールが、マンダラチャート。

3×3の9マスがさらに3×3の9セット並んでいる、アレです。

 

高校時代の大谷選手は

中央に「ドラ1 8球団」という大目標を書き、

その周囲8マスに大目標達成のための要素を書いています。

「体づくり、コントロール、キレ、スピード160km/h、変化球、運、人間性、メンタル」

そして外側の9マスずつを使って、各要素を達成するための具体的行動を書いています。
(有名な「ゴミ拾い」は「運」の項目の外側です)

 

発明されたのは60年も前らしいですが、

難しいのであまり普及しなかったんですね(笑)

描き方の自由なマインドマップの方がウケたようです。

 

それでも大谷選手にあやかってマンダラチャートに挑戦したい人におすすめなのが、このアプリ↓

Grid ToDo Lite – 目標達成シート

 

やってみるとわかりますが、

81マス全部埋めるのって、大変です。

あーでもない、こーでもない、と何度も何度も書き直すことになります。

だから紙だと不便なんですよ。アプリの方がいいんです。

 

マンダラチャートが上手く書けないのには原因があります。

「理想の状態」と「そのための行動」がごっちゃになっているんですね。

 

「彼女をつくる!」という大目標の隣に「腹筋100回」とか具体的行動を書いちゃうんです。

「カッコいい肉体」が理想の状態で、そのための行動が「腹筋をする」「プロテインを飲む」「エステに行く」とかであるはずです。

 

「ハワイ旅行に行く」が大目標なら、理想の状態は「お金がある」「休みが取れる」とかで、

そのための具体的行動が「500円玉貯金をする」「宝くじを買う」「有給をためておく」「いっそ独立する」とかになるはずです。
(宝くじが正しい行動かどうかはわかりませんが)

 

大谷選手が中央の9マスを名詞だけで書いていたので、この点が伝わりにくいのかもしれません。

「体づくり、コントロール、キレ、スピード160km/h、変化球、運、人間性、メンタル」というのは

「肉体が屈強、コントロールがいい、キレがある、スピード160km/h、変化球を出せる、運がいい、人間性が立派、メンタルが強い」

と表現すると、これらが行動ではなく「理想の状態」であることがわかると思います。

 

この「理想の状態」と「そのための行動」の区別ができると、

次に直面するのが「理想の状態が思いつかない」だと思います。

でも、これが大事。

すぐに出てこないことこそ、これまで見落としてきたことですから。

 

もし悩みもしないで全部埋まったとしたら、「じゃあ何でいままで成功していないの?」って話になります。

マンダラチャートは、埋まらないマスにこそ宝物が埋まっているのかもしれません。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2022.1.3 Vol.1224>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。