【罪と罰のバランス】容疑者の名前をググると何から何まで出てきてしまうこんな世の中は…

気の毒なのでリンクは貼りませんが、

大学生の女の子が逮捕される事件がありました。

たぶん主犯とかではなく、末端で使われて一人だけ捕まった的な話だと思いますが。

 

でも「大学生」なので、「どこの大学だよ?」と思っちゃうわけです。仕事柄。

名前が特徴的だったのでググってみるわけですよ。大学名を知るために。

すると・・・

 

中学校のときに賞をもらった絵とか

ピアノの発表会の動画とか

高校の部活で県大会に出た記録とか

部活の仲間との写真とか。。。

 

これは可哀相だなあ。。。

 

この子が純真無垢にいろいろ頑張ってきた証ばかりが

「逮捕」に紐付いて全部出てきてしまうんですね。

 

これらの情報から

「この子は非行少女じゃない。何か深い理由があるんじゃないのか」と思うか

「あーあ、一回の犯罪で人生を台無しにしちゃってww」と思うか。

 

弁護士や裁判官なら前者の可能性を考えるかもしれません。

大衆は・・・どっちに受け取るでしょう?

 

性犯罪の常習者とかなら、近所の安全のために実名を出す必要もあるでしょう。

でも、事件の全貌が明らかになっていないうちに
(事情がわかったら不起訴、という可能性もあるわけで)

末端の逮捕者の実名を出しちゃう報道ってどうなのよ?と思ってしまいます。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.11.21 Vol.1181>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから