【目指せ!本物のゲーマー】子どもたちに「徹夜でゲームさせる」新ルールを導入した件

厚生労働省によると、ゲーム依存の中学生・高校生は約93万人いるそうです。

お子さんのゲーム漬けに悩む親御さん、多いと思います。

 

そんな中、わが家では

ゲームで夜ふかし、いや徹夜してもいいという新ルールを導入しました(笑)

 

うちの子たち、ろくにクリアもできないのに次々と新しいゲームを欲しがるんですよ!

下の子(1年生)はマインクラフトのアドオン(誰かが自作したキャラクターやワールド)を勝手にiPadにダウンロードして、ZIPファイルを解凍して、特定のフォルダに移動させてます。

なのに、ちょっと触っては次のやつをYouTubeで見つけてまたダウンロード・・・

 

おかげでiPadのストレージがパンパンです。

 

ゲームをやることよりも、

ちょっとかじって次に目移りする「遊びの浅さ」に、私がキレました。

「やるなら遊び倒せよ、ゴルァ!」

 

ルール1 いま持っているSwitchのゲームを1つ全クリアしたら新しいゲームを1つ買ってあげる。

ルール2 Switchの「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」のナビつきコース(下の子は途中で投げ出していました)を全クリアしたら、マイクラのアドオンをダウンロードしてもいい。

ルール3 そのためには徹夜で頑張ってもいい。

 

やらせてみると・・・

そんなに頑張れないんですよ、ワッハッハ!(大笑)

「アンダーテイル」のアンダインという敵キャラに勝てなくて、悔しくて泣きながら大暴れです。

 

いやいや、4回負けただけですから。。。(苦笑)

100回チャレンジしろや!

 

本物のゲーマーがどれだけ努力しているかという「努力の相場」も

山を越えると見えてくる「努力の先の風景」も

まだ知らない坊っちゃんなので。

 

いまのお前には、この曲がお似合いだ!!

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.10.22 Vol.1151>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから