【読解力を伸ばすには?】読み方のテクニックをいくら学んでも効果が見られない根本的な理由

本を読んだとき、

自分の理解が正しいのか違うのか、深いのか浅いのかは

自分ではわかりません。

 

かといって先生から「こうです」と教えられても、

「はあ、そうですか」といまいち響きません。

 

一番いいのは

仲間の解釈と比べてみることです。

 

大学時代、「心理学講読」という授業がありました。

心理学の英語の本を読むという、ただそれだけの授業です。

順番に担当するページが割り当てられ、自分の担当分のレジュメを配って発表します。

 

日本語訳を棒読みして終わる人もいるんですが、中には

その著者の他の本との関連を指摘したり、本から離れて日常生活での例を挙げたり、めっちゃ分かりやすい図にしてくれたり、

「そこまで読むの!?」「そんな伝え方があるのか!」と賢い同級生たちから刺激を受けたものです。

(あの授業がなかったら、国語の先生にはなってなかったと思います)

 

よく「読解力を伸ばすにはどうすればいいでしょう?」と聞かれるのですが、

一人で読むテクニックをいくら覚えてもダメなんです。

仲間とアウトプットし合いましょう。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.8.20 Vol.1088>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから