【研修のワーク】「頭使って講義を思い出させる」べきか「指示に従って講義を追体験させる」べきか問題

ちょっとミスったなあ。。。(苦笑)

 

研修のときのワークで

担当業務の問題点を挙げて、原因について仮説を2つ立てた上で解決策を考える

というのをやりました。

 

そのときのワークシートはこうでした。

表の中の[問題提起]の部分を2つに分割して

[現状(事実)]と[問題の重要性]としたんですね。

 

私の意図としては、

[現状(事実)]の欄に「不良品率が何%」みたいな困りごとを書いて

[問題の重要性]の欄に「会社の利益を何億円損ねている」という全体に占める比重を書いてほしかったんですよ。

口頭でもそう説明しました。

 

でも、蓋を開けてみると

[現状(事実)]の欄には「近年◯◯の市場が拡大している」という背景を書いて

[問題の重要性]の欄に「不良品率が何%」と。

 

もちろん、「担当業務ばかり見ていて事業全体を見渡せていない」と受講者のせいにすることもできますが(笑)、

だからこそ、演習でその視点に気付けるように

ワークシートの書式をもっと工夫できたよなあ。。。

 

何度もやっているような問題なら「自分で考えろ」といえますが、

初めて聞くような考え方やノウハウの場合、

演習のワークシート上の指示に従っていくと「考えるよう仕向けられる」

という方式が効果的かもしれません。

 

はい、次はもっと上手くやります。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.8.6 Vol.1074>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから