【数えてみました】「◯◯について」という短文型のテーマは全国で何問出題されているのか?

小論文といえば「環境問題について」のような短文型の出題をイメージする人が多いかもしれませんが、

実際は「◯◯について」という出題は少ないんです。

「資料1~3を読んで・・・」という形式の方が多いですね。

 

・・・とは私もよく言っていたんですが、

実際どのくらい少ないの?

 

調べてみました。

旺文社の「全国大学小論文入試出題内容5か年ダイジェスト」で。

いやもう、440ページ数えまくりましたよ。

 

国公立126大学で2019年に出題された全学部の出題は1024問。

そのうち短文型の出題はたった53問。5%でした。

一番多いのが、文章を読まされるタイプで733問、72%。

グラフなどの図表のみ、または図表と文章というのが238問、23%です。

 

実際に数えてみたのは初めてですが、

5%しかなかったとは!

95%の問題は文章や資料から「出題者が示唆する問題点」を読み取ることが第1のステップになります。

 

「◯◯について」というお題で「自由に持論を展開する練習」なんかやっていても、ほぼ通用しないってことですね。

何事も、数えてみるって大事です。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.8.10 Vol.1078>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから