【活字って知ってる?】「パソコン以前の不便な時代」を一声で呼び出せる便利な時代

Kindle paperwhiteは待ち受け画面に「本」にまつわる画像がランダムに出てきます。

「パパ、これ何?」

「これはタイプライターといってね、キーボードを打つとこれが紙に当たって・・・ていうか、モノを見た方が早いよな」

テレビをYouTubeに切り替えて「タイプライター」と言うと、

おー、百聞は一見にしかず。

「昔はパソコンじゃなくてこれだったの? 昔って江戸時代? 白亜紀?」

 

Kindleの待ち受け画面、今度は活字が出てきました。

「これは活字といってね、グーテンベルクという人が・・・いや、これも見てみよう」

これは懐かしい!

昔ながらの印刷屋さん。超貴重映像です。

 

白亜紀ほど昔ではありませんが、

母の実家が金木町で印刷屋をやっていまして、

この動画と同じ活字の棚がありました。

1990年頃にはオフセット印刷機に取って代わられちゃいましたけど。

 

タイプライターも活版印刷も

パソコンとプリンターの普及で絶滅危惧種になりました。

もう、残す理由も「ノスタルジー」以外に思い当たらない。

それを子どもたちに伝える手段が、Kindleの待ち受け画面とYouTubeの音声検索って。。。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.7.27 Vol.1064>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから