【緑本、重版御礼☆】面白い志望理由を書きたかったら、「なぞかけ」が効果的である件

おかげさまで、

「総合型選抜・学校推薦型選抜のオキテ55」

発売から2週間で重版決まりました☆

応援ありがとうございます!!

 

総合型選抜・学校推薦型選抜の願書提出はだいたい9〜10月ですが、

だからといって志望理由書を9月になってから考え始めても遅いんですよね。

 

志望理由は「将来この仕事に就きたい。そのためにこの学部でこれを学びたい」という構成で書きます。

ということは、まず「将来の職業」を決めないと志望理由は書けない!!

ここで多くの高校生が途方に暮れるわけです。

 

まず、世の中にどんな職業があるかを広く知りましょう。

親に相談してはいけません。親が知っている範囲の狭くて古い選択肢しか勧めてもらえませんから。

自分の目で世界を見て、「こんな分野で活躍したい」というところから具体的な職業名(または業界名)に落とし込むのがいいですね。

親には「相談」せず、「事後報告」しましょう。

 

「職業までは考えていないけれど、この勉強が大好き」という子もいます。

その場合、パンフレットの「卒業生の進路」から選んだりしがちですが・・・

 

「この勉強を活かせる意外な道」を探してみてもいいですね。

「児童文学の研究とかけて宇宙開発と解く、その心は?」

この謎掛け?こじつけ?ができたら、大学教授の意表を突く志望理由ができあがります。

ドイツ文学科からJAXA職員が誕生するのも、面白いじゃないですか。

<メルマガ【ミニマル思考】2021.7.26 Vol.1063>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから