【何歳からでも】新しい言語を習得するより、新しい文字を覚えた方が手っ取り早く世界を広げられる件

最近、点字を少し覚えました。

 

6つ並んだ点のうち、上の3点が母音、下の3点が子音。

これがわかればローマ字やハングルと同じです。

非常にシステマティックにできているものですね。

Wikipedia「点字」
Wikipedia「ハングル」

 

以前、日本福祉大学のオープンキャンパスで「入試対策講座」に登壇していたことがあります。

さすが福祉の大学だけあって、

点字タイプライターの人が私の板書を点字に起こしてくれるんですよ。

 

グチャグチャな板書ですみません。。。

(あのとき苦労かけていたことに、自分が点字を覚えて初めて気づきました)

 

覚え始めると、何でも読みたくなるものです。

新幹線のデッキ、図書館の案内板、ビールの缶・・・

カタカナ覚え始めた子どもみたいですね(笑)

 

新しい言語を習得するのは大変ですが、

新しい文字なら、ちょっと覚えただけで世界が広がります。

 

 

ちなみに、新刊「小論文のオキテPRO」では

イラストの小ネタにギリシャ語が登場します。

どういうギャグかは・・・お楽しみに。

(Google翻訳でサクッと作りました)

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.6.25 Vol.1032>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから