【働き方改革】ストレスゼロで超長生きするネズミを見ると、資本主義社会の構造的な欠陥に気づく件


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


なかなか興味深い記事です↓

「「逆ハーレム」をつくる珍しいネズミに、少子化解決の「ヒント」があった…!」

 

ハダカデバネズミが超長寿である仕組みの話なんですが、

私が興味を持ったのはこの動物の「真社会性」というやつです。

 

女王ネズミだけが子どもを産み、

他のネズミたちは護衛係、食料調達係、子育て係、布団係など「分業」することによって

仕事が効率化し、労働時間もストレスも減るため

普通のネズミの10倍も長生きできるとか。

 

いわゆる「働き方改革」ですね♪

 

・・・あれ?

 

人間の社会も「分業」しているのに

なんでこんなに忙しくてストレスフルなんだろう???

Wikipedia「分業」

 

もしかして、実は分業できていないとか???

 

考えてみると、社内では開発、製造、販売、経理など分業しているように見えますが、

市場ではライバル会社も似たような商品を売っているわけで。

このレッドオーシャンの中で勝ち残ろうと思ったら、ノルマや長時間労働が必要になります。

 

つまり、似たようなものを売ってる時点で

社会全体としては分業になってない!

 

現代人はハダカデバネズミを見習った方がよさそうです。

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.6.19 Vol.1026>

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから