【副作用は大きいぞ】出版直後は売れないことよりも「異常な売れ方」の方を心配するべきである件

著者仲間でときどき話題になるのが

出版直後に「一部のファン」が暴走してしまう」という問題です。

 

セミナーで信者を集めているカリスマ先生が本を出すと

弟子たちが集団で書店を回ってまとめ買いするんですよ。

「20冊買いました!」とかドヤ顔でSNSにアップしてたりします(笑)

 

在庫切れになって一般のお客さんには本が届かないし、

「やらせ」で初速(最初の売上)を作られたら出版社が重版の判断を誤ります。

そして全てのクレームは著者に向けられる。。。

信徒たちが教祖を串刺しにしている構図ですね。

 

「ネットで頑張って宣伝しすぎちゃう人」というのもいます。

「あんな人にもこんな人にも役に立ちます!」なんて誇大広告するので

想定読者層じゃない人たちが買ってしまい、

Amazonレビューが荒れる。。。。

 

本は必要とする人に「ご縁」で届くものです。

人為的に目先の初速を作ると副作用も大きいんですよ。

 

なので、私の新刊も

「在庫買い占め」とかしなくていいですからね!

「生活習慣病も治ります!」とか虚偽広告しなくていいですからね!

お近くに受験生がいたら、そっと教えてあげてください。それで十分です。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.6.14 Vol.1021>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。