【私に欠けていたもの】プロの作家もおちょやんも、ストーリーを作る出発点は◯◯だった件


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


面白い「文章術」がありました。

年収億超えの小説家・松岡圭祐が「営業秘密」を公開 “誰にでもできる”創作技法とは

 

いきなり書かない。

文章を書く前に、登場人物の性格や人間関係を「脳内で」作っていくプロセスに延々と時間をかける。

(だいぶ端折ってます。元記事をお読みください)

 

朝ドラ「おちょやん」で、千代が台本に登場人物全員の生い立ちをびっしり書き込んでいたのと似ています。

背景と性格がはっきりしていれば、舞台でアドリブが始まっても「キャラクター」が勝手に芝居を作っていく。

 

そうか、創作ってこうやるのか!

テキトーな場面設定にウケそうなキャラクターを当てはめているわけではないんですね(笑)

 

小学校のころ漫画家を目指していました。

でも、4コマ漫画は描けるものの、

ストーリーが作れなかったんです。

 

バンド時代も、作詞が全然ダメでした。

恋する気持ちとか興味ねーし、みたいな。

 

いま振り返ると、「人間を考える」という部分が欠落していたんですね。

創作以前に、人としてどうなのよ?って感じですが(苦笑)

 

以前お話しした「マンガで小論文」に向けて、

人間を考える、人間に興味を持つという

根本的なところからリハビリを始めたいと思います。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.5.29 Vol.1005>

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから