【いつも夫婦で意見が割れる】子どもの忘れ物を学校に届けるか届けないか問題

上の子(3年生)は週2回の図工の時間をとても楽しみにしているのですが、

今日使うはずだった材料(ダンボールとかワインのコルクとかモールとかビーズとか)を

まるごと忘れていきました。アホ。

 

朝からYouTubeなんか見てるからだっつーの。

小遣い稼ぎのユーチューバーに魂まで抜かれてるぞ!

 

ここで、私と家内で意見が割れます。

学校に届けるべきか否か。

 

私は届けちゃいけないと思うんですよ。

子どもは失敗して学びますから。

(私自身、何度も大失敗をやらかしながら現在に至ります)

 

コロナ対策で、忘れ物しても友だちから借りることが禁止されています。

図工の時間、何もせずボーッとしているしかない。

この絶望感を味わってこそ、ユーチューバーに抜かれた正気を取り戻せます。

 

でも家内は

「だって可哀想だし、先生にも親がちゃんとチェックするように言われてるし・・・」

 

届けるか、届けないか。究極の選択。

 

迷った挙げ句、家内が出した結論は・・・

図工の材料が入ったケースに、マジックで大きく

 

「次からは
とどけないからね!
バカタレ!  母より」

 

恥ずかしい形で届ける

という折衷案でした。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.5.14 Vol.0990>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから