やってもやってもトラップ続出(笑)オンライン授業やるなら接続テストが2回は必要です

リアルタイム授業の場合は、事前に入念な接続テストが必要です。

 

やってみると、

あれが使えない、これがブロックされている、それやると回線が落ちる・・・

いろんな制約に直面します。

 

最初の接続テストは問題のあぶり出しで、

代替案を考えてもう一度。

 

なので事前に最低2回、できれば3回は接続テストの日程を組んでおいた方がいいですね。

 

先日、県内5つの高校を同時に結んでみました。

私も「複数の会場を同時に」というのは初めてでしたが、

各校の先生方が頑張ってくださって、無事成功。

そのうち会場同士で教室全体の映し方などをシェアし始めて、いい連携ができていました。

 

でも、まだ問題は残っているんです。

 

元気のいい生徒が集まるので、

「みなさん、おはようございます!」

「おはようございまーーーーす!!!」

「おー、今日も元気いいねえ! 特にその辺、サッカー部?」

というコール&レスポンスを是非やりたい。

 

 

でも、会場の音を拾うとハウリングが起きるし、

StreamYardからYouTube Liveに配信すると10秒ほどタイムラグが発生するんです。

 

・・・これはグダグダになりそうで危険だ。

 

すると、参加校の先生から「StreamYardの画面をそのまま流したら?」というご意見をいただきました。

たしかに!(笑)

 

もともとカメラ参加できる学校が限られていたので

「主宰校だけStreamYardで中継して、他はYouTube Liveで視聴」という形を選んだんですが、

事情が変わって9校までカメラ参加できるとなると、

わざわざYouTubeで広く配信する必要もなくなります。

 

コロナ休校中、「StreamYard+YouTube Live」をずっと推していたため、

「両方使わなきゃいけない」みたいに思い込んでいました(汗)

 

でもこれも、接続テストをして

参加校すべて問題なく中継できることがわかったからこその展開です。

 

やっぱり事前の接続テストは大事なんです。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから