本当の「フィードバック」とは、意見や感想を言われるなんて退屈な話ではないという解釈

学生でも社会人でも、

「音楽で食っていきたい」なんて相談をよく聞きます。

他にも声優になりたい、アニメーターになりたい、お笑い芸人になりたい、ゲーム作りたい、ユーチューバーになりたい・・・

 

で、なぜ私に相談するかというと

「親と先生に反対されるんです。どうやって説得すればいいでしょう?」

 

「説得」なんかせずに、

さっさとやっちまえばいいんです。

 

YouTubeでもコンテストでも何でもいいので、

挑戦して結果を出しましょう。

 

才能があるかどうか、試しもしないで

「どっちの生き方が正しいか」なんて架空の議論しているから

決着がつかないんです。

 

 

なんてことを言うと、

「でもメンバーが揃わなくて・・・」とか言い訳する人もいますね(笑)

 

ボーカルがいなければ初音ミクに歌ってもらえばいいし、

相方がいなければ漫才ではなくピンでできる芸をやればいい。

映像を作れなければ、音声だけでもいい。

とりあえず、いま自分でできるものを世に出せば、

いっしょに組みたいという人から連絡が来ます。

そうすれば、もっとすごいものを作れるので

勝率が上がります。

すると、自分たちよりずっとレベルが上の人から

有益なアドバイスをもらえるかもしれない。

勝率がさらに上がります。

そしてもっとすごいことが・・・(以下、くりかえし)

これが「フィードバック」です。

 

フィードバックって、ただ感想をもらうという地味な話じゃないんですよ。

 

ギターの「フィードバック奏法」といったら、いわゆるハウリング。

音が返ってくるたびに増幅され、増幅され、増幅され・・・キーーーーーーーーーン!!!

どんどん大きくなって、

最初に出した音とはぜんぜん違うものになっちゃいます。

 

これぞ本当の「フィードバック」。

 

まずは最初の1音を出しましょう。

 

人生のフィードバックが巻き起こっている人には

親も先生も口を挟むことができなくなりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。