押して開ける扉を、どうしても引いてしまう試着室の謎

家内とデパートに出かけました。

卒園式と入学式に着るものを新調しようということで。

 

家内が服を選んで、試着しようとするわけですが、

 

ガタッ、ガタッ

「あ、押すんだった」

 

なんともベタなボケをかますんですよ(笑)

 

「うーん、もうちょっとシックなのないですかね?」

とかいって店員さんにもう一着持ってきてもらい、

再び試着室へ。

 

ガタッ、ガタッ

「あ、押すんだった」

 

えっ、2回目?!

 

 

あんまり試着室でこんなミスする人っていないと思うんですが、

店員さんも

「なんででしょうねえ? お客様みんな間違えるんですよぉ」

 

 

実はこの試着室、こうなっていました。

わかりにくいですね。

扉の取っ手に注目してください。

そうです。

握るタイプだったんです。

 

 

人はこの取っ手を見ると、

握って、引こうとしてしまうんですよね。無意識に。

 

「アフォーダンス」というやつです。

形状が「こう使え」という指示を出しているんです。

 

むしろ、

取っ手をなくしてしまった方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから