できない子の数学の解き方に、生産性の低い日本社会の縮図を見た

素行には問題ないのに

勉強が全然できない子って実在します。のび太だけじゃないんです。

 

宿題も一応やってくるし、塾にも通ってる。

でも数学13点、とか。

 

塾、何やっとんねん???(笑)

 

そういう子たち、だいたいみんな同じ解き方をします。

 

これとこれをまとめて単純にしてから計算、ではなくて

見えているパーツを一つ一つ計算して足していく。

時間もかかるし計算ミスも増える。

 

なので、そんな子には

手抜きのしかたを教えます。

「ズルい解き方がある」ということを教えるだけで、

30点はすぐ上がります。

 

 

数学って古代から、複雑なことを簡単に知るための「ズルい方法」だったはず。

 

なのに「ズルしないでコツコツやれ」とか言う先生がいるもんで、多くの子の成績と進路が破壊されています。

 

 

この「面倒でもコツコツ」という呪縛、

数学に限った話ではありません。

 

 

コツコツ働くことはいいことだ。

面倒でも離乳食は手作りしなきゃ。

コツコツ勉強して資格を取ればいいことがある。

コツコツ年金保険料を納めていれば老後は安泰。

俺はこんな面倒なことをやってきたんだから、おまえもズルするな。

 

日本社会の生産性が先進国で最下位というのも、納得です。

 

数学13点の子と同じことやっているんです。

 

それ、やらなきゃダメっすか?

その順番じゃなきゃダメっすか?

もっと楽な方法はダメっすか?

もっともっと、ズルしましょうよ。