「春眠暁を覚えず」受講者の居眠りにどう対処するか


【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら


同業者と話していると、

「居眠りしている受講者をどうするか」

という話題になることがよくあります。

 

優しく起こす、無視する、怒鳴りつける、と講師によって対処はさまざまなのですが、

(「愛のムチで退室させたらネットに悪口書かれて炎上した」という人も!)

 

私のセミナーや研修では、

最初から居眠りできない仕掛けをいくつも施すんです(笑)

 

 

代ゼミ時代、底辺校への講師派遣という

武者修行だか罰ゲームだかわからない仕事がありまして、

 

「いちばん手に負えない学校には鈴木鋭智を派遣する」という

 

妙なポジションだったおかげで、ずいぶん鍛えられました。

 

 

地方のいわゆるFランク大学でのことです。

「ある講師が生徒にブチ切れて辞めてしまったので、明日から代わりに行ってほしい」

という、穏やかではない案件でした。

 

聞くと、講義が始まっても

おしゃべりをやめない、携帯電話が鳴る、それに普通に出て話し始める、教室を勝手に出入りする、いびきをかいて寝ている・・・・

 

 

おお、日本の大学もついにそこまで来たのか! 怖ろしや!

 

 

ところが、

行ってみたら

事情がわかりました。

 

 

教室の半分が

中国人の留学生だったんです。

生徒が集まらず大幅に定員割れしているため、中国人留学生で埋めていたんです。

地方のFランク大学にはよくある光景です。

 

 

で、これまで使っていたテキストは

小論文とはいかなるものか的な堅苦しい理論と

基礎力つけましょう的な意味での現代文の読解問題。

 

「君たち、このテキスト読めたの?」

「ゼンゼンワカラナイ」

「前回の講義はどこまで進んだの?」

「ゼンゼンワカラナイ」

 

あちゃー、これは授業が成立するわけがない。

Fランクだからではなく、中国人の国民性の問題でもなく、

単に「意味のわからない授業に耐えられなかった」だけだったんです。

 

「はい、もうこのテキストは閉じて。

みんな授業でレポートっての書くようになるでしょ?

誰でもサクッと書ける方法を教えるから、まず全員座ってくれる?」

 

まずは前回までの意味不明な時間じゃないぞ、ということを打ち出します。

 

「文章というと、起承転結って教えられることあるけど、あれは嘘だからね。

そもそも起承転結って漢詩の形式で・・・

あ、君たちの方が詳しいんじゃない?

起承転結、わかる?」

 

「(お互いゴニョゴニョ話して)ワカリマセン」

 

「漢詩はわかるよね? カ・ン・シ」

 

「(ゴニョゴニョゴニョ)ワカリマセン」

 

「え、ウソ? あれだよ、しゅんみんあかつきをおぼえず」

 

「???」

 

そうか、日本語で読んでも伝わらないのか。

そこで黒板に書きました。「春眠不覚暁・・・」

 

「おーーーーーーー!!!!」

 

まさか日本人が中国の古典を「書ける」とは思っていなかったようで。

 

「これ中国語で読むとどうなるの?」

 

「チュンミン プージュエシャオ」

 

「おーーーーーーー!!!!」

 

今度はうしろに座っていた日本人の学生たちがどよめきました。

 

 

これで場の支配はオッケーです。

中国人留学生と日本人学生の壁もなくなりました。

 

 

春眠暁を覚えず。

この一行のおかげで、居眠りする学生は一人もいませんでした。

 

代ゼミ時代にこんな武者修行をしてきたので、

セミナー会場で最初から雰囲気悪かったりすると

「これをどう攻略しようか」と

むしろテンション上がってしまうんです。

 

【KADOKAWAセミナーに登壇します!!】
12万部のベストセラー『小論文のオキテ』著者による、指導者のための「小論文・推薦指導のオキテ」

「最初にYES/NOから書き始めるべき?」「体験談を書くと説得力が上がる?」「ネタ本で知識を仕込めばOK?」
巷にあふれる小論文指導の「俗説」に白黒をつけ、先生方のモヤモヤを解消します!
「何を教えればいいかわからない」という先生のための、小論文指導基礎講座!!
→詳しくはこちら
→お申し込みはこちら



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから