「ビジネス書著者のロジック×予備校講師のわかりやすさ」ロジカルライティング講師・鈴木鋭智の公式サイト
  • 鈴木鋭智(すずきえいち)のセミナー、研修

鈴木鋭智って、どんな人?

■企業研修、ビジネスセミナーの講師です。

「問題解決型ロジカルライティング」の専門家として、若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングに関するコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。満席御礼を連発する人気講座の内容をまとめた著書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版されています。

■参考書『小論文のオキテ55』の著者です。

代々木ゼミナール講師時代の2011年、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売以来6年間Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部を超えるベストセラーに。また2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演していました。

■CSS公務員セミナーにも登壇しています。

国家公務員・地方公務員の論文試験対策を担当しています。行政の施策をまとめるだけの答案が通用したのは昔の話。いまの公務員試験では「自分の頭で問題解決できる人材」が選ばれます。「待機児童問題」「外国人居住者との共生」など、社会のリアルな問題を解決するアイデアを出すためのトレーニング。論文のみならず、集団討論でも圧倒的な差がつきます。

■要するに、「問題解決のロジック」を教える専門家です。

ブログ

【小室哲哉か佐久間正英か土井英司か】プロデューサーにもタイプがあって、育てた人を見れば一目瞭然だったりする件

  「プロデューサー」という言葉を世に広めたのは 小室哲哉さんだったと思います。   90 …

知らないところでパパイヤ鈴木の風貌を期待されて勝手にガッカリされ、イメージコントロールの大切さを思い知らされた件

  【エピソード1:スイミングスクールでの家内とママ友との会話】 「旦那さんの写真とかないの?」 「 …

自由研究には「What?」系と「Why?」系があって、子どもがどっちに興味を持つかは生まれつきのタイプなのかも仮説

2人の子どもたちと話していて、 彼らの「問い方の違い」に気づきました。   7歳の娘はいつもこんなこ …

「既成のコンテンツ」で講師をやるときも、敢えて「自分のフィルター」を通すことが必要だと思う件

  「社内で研修の講師をやるんですけど、どれくらいの準備が必要ですか?」 ときどき相談されます。 & …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.