「ビジネス書著者のロジック×予備校講師のわかりやすさ」ロジカルライティング講師・鈴木鋭智の公式サイト
  • 鈴木鋭智(すずきえいち)のセミナー、研修

鈴木鋭智って、どんな人?

■企業研修、ビジネスセミナーの講師です。

「問題解決型ロジカルライティング」の専門家として、若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングに関するコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。満席御礼を連発する人気講座の内容をまとめた著書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版されています。

■参考書『小論文のオキテ55』の著者です。

代々木ゼミナール講師時代の2011年、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売以来6年間Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部を超えるベストセラーに。また2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演していました。

■CSS公務員セミナーにも登壇しています。

国家公務員・地方公務員の論文試験対策を担当しています。行政の施策をまとめるだけの答案が通用したのは昔の話。いまの公務員試験では「自分の頭で問題解決できる人材」が選ばれます。「待機児童問題」「外国人居住者との共生」など、社会のリアルな問題を解決するアイデアを出すためのトレーニング。論文のみならず、集団討論でも圧倒的な差がつきます。

■要するに、「問題解決のロジック」を教える専門家です。

ブログ

「田んぼアートといえば田舎館村」というブランドも、最初は不格好なモナリザで笑われたところから始まっていた件

  昨日は田舎館村の田んぼアートを見に行きました。 青森市から車で約1時間です。   いま …

激辛担々麺なのに「辛さひかえめもあります」なんてエクスキューズすると、誰にもモテない八方美人になってしまう件

激辛担々麺の記事を書くとき、 「辛いのが苦手な人でも大丈夫。辛くない担々麺もメニューにあります」 なんて書いて …

被災地復興のために現れたご当地ヒーローに、東北の蝦夷が大和朝廷と闘争を続けてきた歴史を垣間見た件

  うちの子たちがどこかのお祭りで新しいヒーローを見てきたそうです。   宮城のご当地ヒー …

広島弁では「たいぎい」、津軽弁でも「たいぎ」。本州の端と端で同じ方言が使われている謎

先週、青森県内の商業高校の生徒たちに小論文を教えていました。   私にとっては地元での仕事なんですが …

チャンネル争いを「じゃんけんで決めない」をルールにすると、紛争解決の選択肢が増えるんじゃないか仮説

子どもたちの間でチャンネル争いとかオモチャの取り合いとかが始まると、 「じゃあ、じゃんけんで決めよう」 となり …

ブログ更新できずにいました。

長いこと、ブログの更新が滞っていました。 出張先からブログの投稿画面にアクセスできなくなってしまって。 &nb …

右から左から泡沫候補まで「支離滅裂な投票行動」に見えるのは、毎回「◯◯してくれた人」に投票しているから

もうすぐ参院選です。 どの党の誰に投票するか、どうやって決めてます?   私の場合は 「最初に声かけ …

「国内でくすぶっている若者は、思い切って海外に出ると人生拓けるぞ」を実証する「ベストセラー著者あるある」

先日、友人とこんな会話になりました。   「日本に来て知り合う韓国人も 海外旅行中にドミトリーとかで …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.