子育て・教育

雑記、エッセイ
ChatGPTに1問1答の出題をさせてみたら

子どもに付き合って世界の偉人・著名人に関する勉強をすることになりまして、ChatGPTに問題を出してもらいました。 使用したのはChatGPT-4o。 有料版を使っていたのですが・・・え? 最近は無料でも使えるって? A […]

続きを読む
雑記、エッセイ
【計算カード8分w】算数が苦手な子には算数をくり返し教えるよりも「マインドセット」が必要である件

下の子(1年生)は計算カードでたし算に8分かかったりしています。 しょうがないので「式と答えを読むだけでいいよ」といったら 「それってチートじゃない?カンニングじゃない?」 変なところで真面目だなあ!(笑)   […]

続きを読む
ビジネス国語
【文体比較】元の原稿と小学生新聞に載った完成版が「劇的ビフォー・アフター」だった件

朝日小学生新聞の連載「楽しく発表 プレゼンハッピー」がLINE NEWSに掲載されました。 小学生新聞の編集部はすごいですね。 子ども向けの文体に見事にリライトしてくれるんですよ。 今回掲載された記事と、元の原稿を比較し […]

続きを読む
ビジネス国語
【古文文法じゃないよ】「女子のめんどくささ」の正体が「疑問形の二重の用法」だったりする件

コミュニケーションの研修で必ず話すのが 「疑問形には『質問』と『反語』の2つがある」 という話です。 反語というのは、疑問形を使って否定する話し方です。 「そんなことあるだろうか?(いや、あるわけない)」 学校では古文の […]

続きを読む
ビジネス国語
【6÷2を引き算で説明せよ】「できる人」にはわからない、答えられない人の理屈

こんな記事がありました↓ 「6÷2を引き算で考えてみてください」がイメージできないワケ https://gentosha-go.com/articles/-/33394 これ、うまく答えられない人は多いと思います。 それ […]

続きを読む
ビジネス国語
【脱ワンワード会話】思っていることを正しく伝えるのは学校サバイバルにも職場サバイバルにも必要な習慣だと思う件

下の子(4歳)は 食事中にこぼしたりすると 「んーー! んーーーっ!」と ティッシュの箱を指差します。   ワンワードどころか、ノーワード。   ここで 「何が欲しいのか、ちゃんと言いなさい!」とマジ […]

続きを読む
ビジネス国語
【トイ・ストーリーはおもちゃの話じゃない?】企画がまとまらないときは「テーマ」と「モチーフ」を整理してみよう

我が家には 逆さに伏せると富士山に見えるどんぶりがあります。 洗い物を手伝っていた上の子(7歳)がそれに気づいて 「このどんぶり、富士山がモチーフなの?」 いま「モチーフ」って言った?! どこでそんな言葉覚えんの? 「テ […]

続きを読む
雑記、エッセイ
「日本人なら誰でも中国語が読める」というのは、外国から見ると驚くべきアドバンテージなのかもしれない件

スイス人とイスラエル人とスペイン人と私で なぜか映画『ラスト・エンペラー』を見たことがあります。 映画のラスト、溥儀が紫禁城を訪れる場面がありまして↓ https://youtu.be/azoLHGpLPfA かつて自分 […]

続きを読む
ビジネス国語
「プラス思考は伝染する」というのは、笑い方と言葉グセが伝染しているんじゃないか仮説

  読者の方から 「先日の記事を読んで、 仕事でミスしたときに『大笑いとまではいかないけれど、多少笑って』みたところ、 先輩に余計怒られた」 というお便りをいただきました(笑)     すん […]

続きを読む
問題解決
親が諭す「戦いの大義」とは関係なく、お風呂での喧嘩が丸く収まっていた件

6歳と4歳だと、しょっちゅうケンカになります。 このあいだもお風呂でオモチャの取り合いになりました。 オモチャといっても、恐竜の形の小さなスポンジです。 この恐竜が2つあって、上の子が一つを手にとったら下の子がそれを奪っ […]

続きを読む
ビジネス国語
先生のプライドが高いと、問題解決型ライティングを教えるのは絶対無理

  大学入試の小論文も 公務員試験の教養論文、論作文も 「世の中の問題に対して解決策を出せ」という 問題解決型ライティングです。     ところが、 この「解決策のアイデアを出す」ということ […]

続きを読む
ビジネス国語
「人は話を半分しか聞かない」という前提で職場のコミュニケーションを考える

朝から下の子がママと喧嘩してるんですよ。 「そんなルール、ボク知らないっ!」   彼が言うには、 ママが「歯磨き終わったら(ゆうべ録画した)ドラえもん見せてあげる」と言っていたのに、 歯磨きしている間に「あとで […]

続きを読む
ビジネス国語
アメリカを「民主主義国家」と思う世代とそう思わない世代を分けている「文脈」

「ねえ、パパ。 マジンガーZに乗ってるのがカブトコウジで、 グレートマジンガーに乗ってるのは何テツヤだっけ?」 「剣鉄也(ツルギテツヤ)だよ」 って、幼稚園でそんな話したらパパの歳がバレるからやめてくれ! リアルタイム世 […]

続きを読む
ビジネス国語
バレンタインの「お返し」を渋る3歳児と、あの大臣の「失言」が似ていた件

うちの3歳児がママからバレンタインのチョコをもらいました。 恐竜のパズルが入っている、恐竜の形のチョコです。   「いいのもらったねー、来月はママにお返ししないとね♪」   「お返しするの? 嫌だー! […]

続きを読む
ビジネス国語
ポケモンのDVDにセールスライティングの極意が詰まっていた件

  子どもが幼稚園からDVDをもらってきました。 「ポケモンのうたDVD」   幼稚園を通して試供品を配るというのはよくあります。   それにしてもこのDVD、 市販品ではなさそうで、 紙の […]

続きを読む
ビジネス国語
「理由は3つある!(ドヤッ)」……でもそれ理由になってないw

「ポイントは3つあります(ドヤッ)」 意識高い系のビジネスマンがよく使う話法ですが、 ただ3つ並べればいいってものでもないんですよね。 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、 これを可愛らしく揶揄する話がありました。 […]

続きを読む