【小論文のオキテ55方式】短期集中「添削&質問し放題」パック、募集再開します!

国公立大学を志望する受験生は迷う時期ですね。

今月25日からの前期試験に向けて英語や数学に集中するか?

来月12日からの後期試験に向けて、小論文にも手を付けておくか?

 

いまは・・・前期試験に集中するのが正解です。

試験勉強の片手間にチラチラ過去問を見たところで、小論文の腕が上がったりしませんから。

むしろ「うわっ、難しそうなの出てる!ヤベエ!」とか気が散ります。

 

前期試験が終わった夜から小論文に取りかかりましょう。

 

では、直前の10日間で後期試験の準備はできるのか?

できます☆

 

1日目、まず過去問を1問やってみます。

それを元に弱点、課題を洗い出します。

読解が弱いのか、書き方がなってないのか、問題解決の考え方がズレているのか?

 

書き方は、ルールを知らないだけなのですぐ直ります。

 

読解が弱いのは・・・たぶん共通テストで点を落とした原因でもありますね(笑)

本人のレベルに合わせた練習問題を1、2問やってみましょう。

 

問題解決の考え方がズレているのは、自分では気づきません。「禁止しよう、呼びかけよう」とベタなこと書いて満足していますから。

これは対話の中でツッコミを受けながら、つじつまの合わない部分に気づくというのが効果的です。

 

・・・はい、ひとりではできませんね(笑)

プロのコーチにみっちり教わることが必要です。

 

というわけで、久しぶりに募集再開します!!

【小論文のオキテ55方式】短期集中「添削&質問し放題」パック

私、鈴木鋭智が直接LINEで対話しながら添削指導します。

期間中、答案の提出と質問は「何回でも」受け付けます。

 

これまでは「1か月」「1週間」「答案1本完成」の3コースでしたが、

直前期なので「何日」と限定せず「前期試験翌日から後期試験前日まで」に延長しました。

 

後期試験の小論文で、最後の大逆転を狙いましょう!!

 

→詳しくはこちら

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2022.2.9 Vol.1261>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。