小論文指導は「書き方」を教えるのが先か「読み方」を教えるのが先か問題

小論文を教えていて、一番ガックリするのが

1200文字びっしり書いているのに、

課題文の理解がズレているので内容が的外れ・・・

という答案ですね。

 

いっぱい書いた努力が見えるだけに、全否定するのも心苦しい。

かといって、これでOKを出してしまうと本人のためにならない気がする・・・。

 

書く練習が先か読む練習が先かという問題が悩ましいのは

その生徒がどこまで伸びる子か予想つかないからです。

 

順調に読解力がつくのなら「読む→要約→書く」の順番で教えていいんですが、

やってもやっても読解力がつかない子って一定数いるんですよね。

 

学力的に読解力がない子の場合、

私は「書ければいいや」と切り替えます。

おそらく難関大学にトップで合格しようという感じではないでしょうから。

読めてなくても書ければ受かる大学もたくさんあります。

 

一方で、

一見優等生風で、文章力はあるのに読み方がいつもズレているという子もいます。

先入観あるいは常識が強いのかもしれません。

 

このタイプは公務員試験の論文には強いんですが、

大学入試の小論文では引っかかるんですね。

大学教授は常識を批判する視点の文章をよく選ぶので。

 

私だったら、

こういう子には課題文型の小論文をやらせる前に

グラフ問題を出しますね。

 

私の本によく出てくるエイズや結核のグラフのように、解釈が2つに割れる問題です。

文章を読む前に、「物事には別な見方もある」ということを教えるわけです。

 

それをクリアしたあとで課題文を要約する練習に入ると、

少なくとも「解釈が違う」ということに納得しやすくなるようです。

 

読解力のない子にはグラフ問題。

私の小論文の本で必ずグラフ問題を扱っている理由でもあります。

〈メルマガ【論文アカデミー】2021.4.13 Vol.001〉

 

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。
セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。
ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。

→メルマガ【ミニマル思考カフェ】かんたん登録はこちらから



教育関係者向けメールマガジン【論文アカデミー】

小論文を教える教員、講師、添削者のためのメルマガです。
小論文入試の最新情報、過去問の解説、小論文の書き方・教え方など、
日々の指導に役立つ情報を週1回ペースでお届けします。

→メルマガ【論文アカデミー】かんたん登録はこちらから