5分間のYouTubeと1時間のセミナーはテンポ感が全然違っていた件

YouTubeにアップした、私・鈴木鋭智のサンプル動画。

 

プロモーション動画(PV)というとカッコイイ(笑)

 

本当は「一発撮り、ノー編集」が理想なのですが、

今回はチョコチョコ編集しました。

 

撮ったときは流れるようにしゃべったつもりでも、

「えー・・」みたいな空白が結構あったんです。

 

それをコンマ何秒単位でカットすると、ノリが変わるんですよ。

 

セミナーのテンポとYouTubeのテンポって、違うんです。

参考にしたのはドラマ「信長協奏曲」。

大坂なおみ選手が日本語を勉強するために見ているという「信長協奏曲」です。

 

会話のスピード感が爽快で、ものすごい情報量がごく自然に入ってくるんですよ。

時代劇(?)なのにテンポはYouTubeだったんです。

Eテレ「キッチン戦隊クックルン」のテンポもYouTube世代に合わせていますね。

 

 

とはいっても、今回編集したのは5分間の中で3か所くらいですが。

 

あくまでも「普段の話し方」をご紹介するサンプル動画ですからね!

 

ユーチューバー目指してるわけじゃないですから!(笑)

 

そんな鈴木鋭智の5分間講義。

興味がある方はご覧ください!!

 

鈴木鋭智のロジカル・ライティング「価値を正しく伝える文章の構成『3D話法』」

 

鈴木鋭智のロジカル・ライティング「箇条書きで情報を整理する 基本編」

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス