異業種に触れると「相場の桁」が変わる

 

人にはそれぞれ

自分が普段やっている仕事の範囲で

「相場感」というのがあるものです。

 

たとえば出版の場合、

5万部を超えたら一応「ベストセラー」と呼んで差し支えない、かな?

10万部を超えたら堂々と「ベストセラー」と言える。

100万部を超えたら、もはや「社会現象」。

この5万、10万、100万という数字が何を意味するかという「感覚」です。

 

業種とか分野が違うと、数字の桁もその意味も変わります。

自分と違う業種だと見当がつかないことも多いと思います。

 

新車は何台売れたらヒットなのか?

銀座のクラブはテナント料いくらなのか?

イベントにこの政治家を呼んだら講演料はいくらなのか?

台風で新幹線が止まったら、払い戻し金額は総額いくらになるのか?

 

 

昨日は異業種のメンバーが集まる勉強会でした。

自分とは違う業界の話を聞くと、相場感の「桁」が違って新鮮です。

 

えっ、この商品そんなに高く売れるの? とか

銀行ってそんなに融資してくれるの? とか

一つのネタからそこまでビジネス広がるの??? とか。

 

お互いがお互いからそんな刺激を受けて、面白かったです。

私のビジネスモデルも、もう一度考え直さないと(笑)

 

自分のステージを上げようと思ったら、

1つか2つ「桁」の違う人に会って

自分の相場感を見直してみるのもいいかもしれませんね。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス