事件、事故、災害の被害者に「しょうがない」と発言して怒られる人が一定数いるのには文法的な理由があった件

「しょうがない」という言葉があります。

これ、使い方に気をつけないと危険なワードです。

 

2007年には久間章生防衛大臣が「原爆しょうがない発言」で辞任に追い込まれています。

 

いまでも自然災害とか交通事故とか、番組降板で関係者に大迷惑をかけた芸能人とかが話題になると

「しょうがない」と言っちゃって隣のコメンテーターに怒られる人がいます。

 

なぜ「しょうがない」で喧嘩になるかというと、

 

意味が2通り考えられるからなんですね。

1 必然的なことで、避けられない

2 既に起きた事実は変えられない

 

 

原爆でも災害でも事件でも、

「既に起きた事実は変えられない」から「これからどうするかを考えよう」

という意味で「しょうがない」と言うと、

 

「必然的で避けられない」という意味で受け取った人が

「被害者に非があるとでもいうのか!?」と怒る。

という構図です。

 

2つの意味に受け取れる言葉はトラブルの元なんですよ。

気をつけましょう。

 

というか、

人が一見「非常識な発言」をしたとき、

「被害者の気持ちがわかってない!」と頭ごなしに叱りつけるのではなく、

「なぜその言葉を選んだのか?」を考えてみると、

自分とは異なる思考回路が発見できるかもしれません。

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.11.23 Vol.0452>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス