予想問題がズバリ的中! でも予備校講師としてはあんまり喜べなかったりする件

先日、東京都特別区(23区)の職員採用試験がありまして、

CSS公務員セミナーの直前ゼミで私が予想した

「外国人との共生」が的中いたしました!

 

私の模範解答を

CSS生みんなが丸パクリで書いていたら、

それはそれで問題になりそうですが(笑)

 

私、結構「的中」出すんですよ。

特別区ではたぶん6年か7年くらい連続です(毎年なので、もう数えてない)。

代ゼミ時代もセンター試験の評論で「的中」出したことがあります。

センターの小説では同じ作者の別作品ということもありました。惜しい(笑)

 

ただ、この「的中」というやつ、

喜んでいいのか悪いのか、微妙なところがありまして。。。。

 

受験生としては丸パクリで模範解答を書けるので、超有利になります。

予備校としては宣伝材料になります。

 

でも、その一方で

「実力で受かるために訓練してきたのにぃ」という思いもあるんですよね。

 

実際、私がCSS公務員セミナーで教えているのは

「問題解決能力のある公務員を増やして日本の行政を変えたい」という野心があるからで、

「公務員予備校でひそかに展開している革命の野望」(2018年12月8日)

 

 

そのために

他の予備校なら「うまく書けていますね」とされる答案でも

「原因分析が浅いから、解決策が月並み」とかダメ出しします。

 

 

それなのに

「的中!ラッキー☆」なんてノリで合格されると、

俺の添削、いらねーじゃん!

と思っちゃうんですよ(苦笑)

 

 

でもまあ、教育者の理想論は理想論で、

受験生は「合格」が何より大事ですからね。

 

せっかく鍛えた問題解決思考、

今後の集団討論(ディベート、ディスカッション)で

発揮してもらおうじゃないですか!!

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.5.7 vol.0252より>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス