ランドセルが重すぎる

小学生のランドセルが重すぎる問題というのがありまして、

 

1年生のランドセルの中身(教科書やノートなどなど)が2キロ(!)

高学年になると、ランドセルと勉強道具と楽器や体操着などを合わせて6キロにもなるそうです。

 

 

星飛雄馬か?

 

 

その対策として、

文部科学省が「置き勉」を認める方向だとの報道が。

置き勉とは、教科書などを学校に置きっぱなしにすることです。

 

 

ふーん。。。

「教科書と副教材を減らす」という発想にはならないんですね(笑)

 

 

盗難、紛失、イタズラが頻発して「やっぱり置き勉は禁止」に戻ることが容易に予想されます。

 

 

私自身の子ども時代を振り返ると、

授業が楽しくて印象に残っている先生たちは

みんな教科書なんか使わない人でした。

 

 

中学1年のときの社会の先生が何かのついでに話した一言。

「ユーゴスラビア。チェコスロバキア。ほら、国名にスラブ民族って入ってる」

 

 

いまでも覚えているんですよ。

 

 

国名に意味や由来があることとか、

しかもヨーロッパの言語は微妙に発音が変わることとか、

中1の私にスコーーーン!と刺さるものがあって、

地球儀の見方が変わりました。

 

 

この先生にはよく怒られたし殴られたので大嫌いでしたが、

教科書を使わなくても「教えたいこと」が溢れて止まらないという意味では

プロだったなあと思います。

 

 

置き勉を許可するよりも、

そもそも教科書って必要?

そこから考え直してもいいんじゃないかと思います。

 

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス